40万円の腕時計を売った金で札幌市にある「鮨一幸」を食べに行った話

こんにちは

恋愛講師のゴンゲです。

 

今日は、先日北海道札幌市にある

日本一予約の取れない鮨屋に行った時の話をします。

▼40万の腕時計を『ノリ』で売却

 

事の経緯はこんな会話から始まりました。

 

「ゴンゲ、今からその時計売ってきて」

 

ナンパ師時代に交流のあった先輩Xに、飲みの席で突然言われて意味が分からなくなるゴンゲ。

 

X「お前はそんな安物時計してる男なんか」

ゴ「はあ(この時計結構ええ値段したんだけどな)」

X「今あるモノを手放さなきゃ、もっと大きな成功は掴めないやろ!それでええんか!」

 

確かにこの感覚は日頃から自分もブログやYouTubeで言っていることです。

モテない人って新しいものを掴むことよりも今手中にあるモノを大事にしてしまう傾向がありますが

その価値観を優先してしまうと、現状から何も変化が生まれなくなってしまうんですよね。

 

つまり、執着を捨てられない人はモテない。

 

そういうわけで、私も愛用の腕時計を手放すこととなりました。

危うく自分自身も『執着』という魔物に囚われるところでした、アブナイアブナイ・・・

 

また、モテる人の思考って

こういう意味わからん状況に陥った時に

「これがまたオイシイネタになる」

という思考をしているんですよね。

 

あ、またひとつ『すべらない話のネタ』ができたな、みたいな。

そういう風に「負荷→オモシロ話」に転換できる人が

結果的に豊かな人生が送れるのだなと思います。

 

ということで、飲みの席から直行で時計屋へ駆け込み中古売却→現金化。

そしてそのお金を抱えたまま次の瞬間、先輩Xから更に衝撃的な一言が放たれます。

 

X「ゴンゲ、明日札幌で鮨食ってきて!」

 

▼日本一予約が取れない「鮨一幸」へ

 

無事(?)高級時計を中古売却して手に入れたお金で、

北海道札幌市にある日本で一番予約が取れない鮨屋と言われている超人気店鮨 一幸(いっこう)に行く事に。

 

このお店は

北海道の寿司屋ランキング総合1位

食べログ評価4.4(2021.3月現在)

ミシュラン北海道2017で2ツ星獲得

情熱大陸にも出演したことのある超人気店で

予約3カ月待ちは当たり前です。

 

移動中の飛行機では

「時計をノリで売却することになったのは意味わからんけどその足で日本で一番旨い鮨屋に行けたとなれば、中々すべらない話のネタになるなあ」

と思いながらなんとか現地に到着。

札幌駅から徒歩20分ほど離れた所にある、とあるビルの2Fにその店はありました。

カウンターはたった7席。

店は1日につき2回転のみの一斉スタートだそうです。

自分たち以外の客はもうすでに着席済み。(見るからに港区の富裕層オーラ)

そしていよいよディナー開始の時間となりました。

▼一幸のココがすごい

さて、実食してみての感想ですが、

自分が胸を打たれたのは2点。

①食の総合芸術作品

一級品のネタ、一級品のシャリ、握り方、身の捌き方、調理器具、皿、湯飲み、寿司下駄、店舗内装、照明の当て方、店内配色・・・

鮨を食べに来るお客さんの取り巻く空間にあるモノ全てを完璧にデザインしているなと感じました。

 

2代目大将の工藤順也さんの話によると

なんとわざわざネタの仕入れ先の漁に立ち会うため自身も漁船に乗り込んで取れ立ての魚をその目で直に見に行ったり、

あるいは

捌いたネタを保管しておく陶器はわざわざ名のある陶芸家に特注で作らせている程の徹底ぶりだそうです。

 

店内もお客さんと職人の間に仕切りが一切ないため包丁でネタを捌き、鮨を握る一挙手一投足を全て目の前で見ることができます。

 

・一級品のネタとシャリの一体感を舌で楽しむ

・鮨職人の握りの所作を目で楽しむ

・ネタ1つ1つのこだわりに対する大将の語りを耳で楽しむ

・横並びになった見知らぬ客同士と大将とで語らう空間の一体感そのものを楽しむ

 

このお店はお客さんに「鮨の味」を楽しんでほしいのではなく

「鮨を取り巻く空間そのもの」を楽しんでほしいのだなと感じました。

 

これはいわば五感すべてに訴えかけてくる食の総合芸術です。

となるとこれだけの芸術作品を「美味い」という言葉で表現しようとするのはもはや不可能。

「美味い」という言葉の陳腐さというか、その一言ではとても集約しきれない尊さがあるなと感じました。

 

どうしても「美味い」という言葉は味の評価の範疇ですが、

今自分が体験している鮨という作品の魅力は味にとどまらない。

ですから、この気持ちをなんと表現しようか考え込んでしまうほどの感動がありました。

②感動のあまり自分の生き方を考えさせられた

 

25歳で先代から店を引き継いだ店主の工藤順也さん

倒産しかかっていた店を立て直すために

東京の老舗鮨屋に足繫く通っては

どうやったらこの味が出せるのか研究に研究を重ね、

度重なる試行錯誤の結果、ようやく現在のスタイルにたどり着いたそうです。

 

しかし、一度完成したスタイルを疑っては壊し、

毎年毎年変化を取り入れては更なる探求を続けているとのこと。

 

これほど1つの物事を突き詰めている人間が実際に目の前にいる。

そんな現場を目の当たりにし

「それに比べて、自分のやっている今の仕事は本当に日々ベストを尽くせているのだろうか?」

と自問自答せずにはいられませんでした。

 

超一流の作品と職人の思いに触れて、自分はもはや「美味い」と軽々しく口にする事ができなくなっていました。

 

それどころか、もっと自分の仕事に対して突き詰めていかなければと頭がいっぱいになってしまうほどでした。

 

超一流の作品に出会うと自分の生き方を改めて考えさせられる

 

そんな食の体験を今回の北海道弾丸旅行で得ることができました。

 

▼仕事の向き合い方がモテに現れる

 

世の中のほとんどの男性は、

自分の仕事をストイックに突き詰めてやれていません。

本当に自分のやりたい仕事に巡り合えていない人が大半だからです。

 

ただ就職面接に受かったからという理由で選んだ仕事をダラダラと続け、人生で最も活力のある20~30代を漫然とやり過ごし、独身のまま恋愛も遊びも知らず、人生の折り返し地点を過ぎた頃にはなんとなくと言ってられないほど後戻りできない状況まで来てしまっている人が多いように感じます。

そのような人はモテるモテない云々以前の問題で、人生に対して真剣でない事が問題なのです。

ですから、今なんとなく人生をやり過ごしてしまっている人は

 

まずは

・自分がやってみたい仕事(趣味)があるなら今すぐやる

・今やっている仕事を一度本気になって成果を出す

・とことんやってみた結果、好きになったら続ける

・他に好きなものが見つかったら思い切って仕事を辞める

 

そういった判断軸で仕事に取り組んでほしいなと思います。

 

必ずしも仕事を頑張っているからと言ってモテるようになるとは限りません。

とはいえ仕事に魂を燃やせない人は、会話をしていても薄っぺらい人間だと簡単に見透かされます。

そんな人間と恋愛をしたい、未来を一緒に歩みたいと思う女性は当然の如くいるわけがないです。

 

このブログを読んでいる読者の皆さんも

今の自分は仕事に対して、何が欠けているのかを是非一度振り返って見つけてほしいなと思います。

ということで本日は以上です。

無料モテ講習会

 

『1時間のお茶で女性を口説いて射止めるモテる男になりたい』という方は是非一度無料モテ講習会にご応募ください。

モテる男の価値観

女の子を1時間で口説くトーク術

女性と長期の関係を築く共感トーク

その他何でも相談にお答えします。参加希望の方は下記のフォームから是非お申し込みください。

ぜひご参加をお待ちしています。

 

お申し込みはこちら

The following two tabs change content below.

ゴンゲ

童貞〜経験人数1ケタのモテない男性が、毎10人の女性を魅了できる男になる方法を教える恋愛講師をしています。