外国人美女をナンパするために絶対に必要な6つの要素

こんにちは!

熱量ナンパ講師のゴンゲです。

みなさん、お久しぶりですね!

今年の一月からオーストラリア語学留学に行っていた私ゴンゲですが

この度無事日本に帰ってきました!!

ということで今回は

ゴンゲはオーストラリアで何を学んできたのか?

ゴンゲは外国人美女をゲットできたのか?

の詳細を皆さんにお伝えします。

それではどうぞ。

外国人美女ナンパで惨敗するゴンゲ

今回の海外留学最大の目的は

海外の外国人美女をナンパしてお持ち帰りすること

でしたが、その結果はみごとに・・・

 

外国人美女をお持ち帰りできませんでした!!

 

う~ん、世界の壁は厚い!

金髪ムチムチのオージーガールに

完全に子供扱い

されてしまい、メンタルぼこぼこにKOされて思わず国に帰りたくなりました。

ナンパで鍛えた口説きの技術や無敵のマインドセットが全く役に立たない。

というよりそんな小手先のテクニックなど秒で消し飛んでしまうほどの

人種間の次元の違いをまざまざと思い知らされました。

なぜ外国人美女を即れなかったのか?

六本木のクラブや渋谷のセンター街でも過去何人かの外国人女性をナンパでゲット(過去記事参照)した経験から

ゴンゲ「ま、3か月もあれば10即くらい余裕やろ」

とタカをくくっていましたが完全に読み間違えていました。

では、アジア人男性が海外ナンパで結果を残すことがいかにハードモードであるかをいまから解説します。

価値の高さの証明が困難

まず初めに、ナンパにおいて絶対的に必要な条件

「価値の高さの証明」

を認識させづらいというのがありました。ナンパにおいて重要なのは、女性と仲良くすること以上に

「自分は相手女性よりも価値の高い人間である」

ということを証明することです。

これを証明するがために我々ナンパ師は日々思考訓練を積んだり、ブランド品武装したり、何事にも動じない態度を女性の前で振る舞うのです。

その価値証明が上手くワークすれば口説いてその日のうちにお持ち帰りしたり、付き合ってもないのにセックスすることができます。

従って、この条件に当てはめると

海外から英語を学びにきた学生気分の日本人

というステータスの時点で現地在住の女性視点からすると

「あ、コイツ学生かよ」

という半人前のレッテルが張られてしまいます。

仮に旅行者や永住者と偽ったところで、英語のスキルがその女性よりも遥かに劣る分

『気を遣われてしまう立場』

である事には変わらないので価値の証明がしづらいと言う構造的背景がありました。

モテるための努力の方向性が日本と異なる

日本人が真っ先に実践するスト値上げ方法は

ブランド品武装

でしょう。しかし、海外におけるモテる男の王道は完全に

筋肉

これだけです。若いくせに下手にブランド武装した男は「なんか女々しい」という理由で敬遠されがちで、

がっしりとした体格に白シャツとチノパン

というシンプルイズベストなファッションがイケてる男の王道でした。

要は金で簡単に手に入る服ではなく、

生物としての強さに価値比重を置いている

という概念ですね。

その証拠に、留学先で知り合ったK-POP風イケメンバレンシアガ大学生君は

クラブのフロアで170cm金髪オージーガールに肘で押し退けられるぐらい邪険にされ、激萎えしていました。

金髪白人美女は金髪白人イケメンを好む

男女のマッチングは必ず同じ属性同士で発生する

というホモフィリーの法則は全世界共通でした。

つまり、

金髪白人美女は金髪白人イケメンと惹かれ合う

ということです。これは日本からノコノコやってきたアジア人が、気合や根性など精神論で何とかなるレベルの話ではありません。

それくらい属性合わせとは重要な要素なのです。

アジア人が金髪白人イケメンと対等に渡り合うには、最低でも

英語力、筋肉、ツーブロック、シンプルファッション、さわやかな白い歯

はマストでないと相当に厳しいものであると肌で感じました。

英会話YouTuberのICHIRO HIROMATSUさん。ガチでこれくらいのスペックがないとアジア人は海外ナンパでは通用しない。

ラブホテルやモーテルがない

これは現地に行って初めて気付いたのですが、シドニーの中心地には日本のラブホテルや海外のモーテルと言った

セックスをするために都合の良い宿泊施設

がありませんでした。

ですから、仮に現地の女性とデートやディナーにこぎ着けたたとしても

A:ヨネスケ(相手女性の自宅にお邪魔すること)

B:青姦

C:ラグジュアリーホテルの個室

の3択という結構なハードルの高さが要求されることとなります。

仮に運よく女性を連れ出せたとしても、物理的な理由により現地の女性をナンパでお持ち帰りすることは難しかったでしょう。

外国人美女ナンパ攻略法

しかし、例え転んでもただでは起き上がらないのがゴンゲ。

失敗から次の打ち手を編み出すことができればそれは失敗とは言いません。

ではここからは、

もしももう一度海外ナンパをリベンジするならばどうすれば外国人女性を高確率でゲットできるか

を考察してみたいと思います。

①声かけは「熱量ナンパ」でOK

ストリートナンパの声かけはテンションMAX、笑顔 、デカい声で

「Hay! Did you have a good shopping?」(はーい!良い買い物できた?)

といった具合に、声をかければフツーにオープンできました。

その理由はオーストラリア最大の都市シドニーの中心街ですら日本のようにナンパする者は皆無で、カンペキなブルーオーシャン状態。

また多民族国家の性質上オープンな性格の人が多いので、誰に話しかけても簡単に会話がスタートできました。

さらにシドニーは世界でも有数の治安のいい街。基本人は皆、性善説で生活していると言っても過言ではありませんでした。

ですから街でいきなり声をかけても、

5分程度のアイスブレイクと軽い自己紹介

を挟めば難なく連絡先を聞き出すことができました。

②日常会話が余裕でできるレベルの英会話力

言葉がスムーズに伝えらえない時点で確実に相手に気を遣わせてしまいます。

短期決戦であるナンパにおいて、第一印象で相手に気を遣わせてしまうのは大きな失点です。

ですので、シンプルな会話内容でも構わないので外国人とスムーズに会話のラリーを続けられる程度の英語力は必須となります。

英語力の最低条件の目安としては

・自分の思ったことがシンプルな構文でも良いのできちんと伝えられる

・わからない言葉があっても理解するまで何度も聞き返せる

事ができると良いです。

また、もしも言葉がわからなくても、テンパったり委縮してしまったらダメです。

外国人から見た日本人の印象は

「Almost all Japanese are so shy」(ほとんどの日本人てシャイだよね)

と思われてるので、この調子ではいつまで経っても異性を感じさせることはできませんね。

それならばむしろ、わからないことがあっても堂々と開き直ってる方が良いです。

③外国人観光客を狙った方が圧倒的に有利

英会話を訓練するのがもの凄く苦痛と言う人は、そもそも海外現地でナンパするより

日本に来ている外国人に狙いを絞った方が断然有利

です。理由は大きく2つあって

①多少英語がもたついても減点の対象にならない

②来日外国人は日本が好きなので「現地の日本人と触れ合いたい」「友達作りたい」「日本語を学びたい」というニーズがある

からです。ですから、例えば渋谷のセンター街を歩いている外国人にいきなり

「Hay! Are you sightseeng?」(やあ!観光だよね?)

「I will guide you near here ,leave it to me!」(この近くを案内するよ、俺に任せて!)

と言う感じで相手をリードする立場を確立できれば、一気にポジショントークが可能となります。

(以前、同様の手法で韓国人女性をナンパでゲットした時の記事はコチラ)

④絶対的に必要な筋トレ

オーストラリア人は男女ともに信じられないくらい体を鍛えています。めちゃくちゃ健康志向。健康大国です。

スポーツジムは市内のそこら中にありますし、早朝の海岸沿いはジョギングするランナーで埋め尽くされます。

ですから、

「身体を鍛えてない奴は人間じゃない」

「ベンチプレス80kg上がらない奴は男じゃない」

くらいの感覚です。そういった意味でも

筋肉の絶対量=モテの絶対量

であることは間違いありません。

将来的に外国人美女をナンパでゲットしたい人は今すぐジムに入会して鍛えましょう!

⑤ファッションはシンプルイズベスト

いわゆる表参道や新宿伊勢丹にあるような

ロゴドンブランド品武装は不要

です。シンプルで清潔なファッションがモテる男の王道で、鍛えた体に白のYシャツとチノパン、サングラスがあればそれでいいのです。

カジュアルファッションを装備するならば手ごろな路線では

ZARA、バーニーズニューヨーク、ジュンハシモト

あたりがオススメです。

➅トーク力を徹底的に鍛える

外国人から見た日本人の印象で良い評価もありました。それは

「Japanese is smart and polite」(日本人は知的で礼儀正しい)

です。せっかくならこの期待値を利用しない手はありません。

我々日本人ナンパ師のトーク力は海外ナンパにおける大きなアドバンテージになりうるので、最大限強化しておきましょう。

実際、良くも悪くも海外の男性は実年齢に比べて精神年齢が低く子供っぽいと感じました。

そこに勝機があると私は思います。

以前からブログでもお伝えしているゴンゲ式共感トーク価値観トーク人生カウンセリングアプローチはぜひマスターしておくことをオススメします。

また、実際に私が現地で女の子とアポっていた時、「自分のパーソナリティ」や「人生に対する考え方」は予め英語でなんて言うかフレーズを準備しておくと良いなと思いした。

例えば

「I think it is better to touch with a lot of cultures while my young age」(自分は若いうちにたくさんの文化に触れておいた方がいいと思う)

「I always need a hardest experience and then they will brought me up more strong」(私は常に最も困難な経験をしたいと思っています、そしてそれらは私をより強くするでしょう)

「I think the most important thing about relationship is follow up each other」(恋愛において一番大切なのはお互いを支えあう事だと思う)

などをフレーズまるまる暗記しておけばココ一番で大人の男の知的さ、視座の高さをアピールでき食いつきを上げることができたなと思いました。

まとめ

ということで

・声かけは熱量ナンパでアタック

・日常会話が余裕でできる英語力を身に着ける

・外国人観光客をターゲットに絞る

・筋トレして男のオーラを全開にする

・ファッションはシンプルイズベスト

・トーク力を徹底的に鍛える

が外国人美女ナンパ攻略の秘訣です。

人生とは

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)=PDCA

の連続です。今回のオーストラリア留学では成功へたどり着くための数多くのヒントを発見することができました。

私ゴンゲもまだまだプレイヤーとして道半ばですので今後も精進していきたいと思います。

本日は以上です。

それでは。

無料ナンパ講習

マンツーマン形式での個別ナンパ講習会を常時開催しています。

ナンパで女性に声をかけられるようになりたい

ナンパで彼女やセフレをつくりたい

ナンパで非モテ人生を変えたい

と本気で思う方は下記のフォームから是非お申し込みください。

ぜひご参加をお待ちしています!!!


お申し込みはこちら